京都風俗ナビ デリヘルからエステまで京都の風俗店情報が満載!

京都風俗ナビは京都駅前から京都市内全域、京都府全域まで網羅したエステ、デリバリーヘルスを始めとした風俗店情報と裏風俗チックな情報を皆様にお届けします! 京都風俗ナビ 京都風俗ナビ 入り口18禁18歳未満の方はコチラ

京都風俗店情報 京都風俗ナビ

風俗情報サイト「京都風俗ナビ」は京都市内を始めとした京都府の風俗店舗を紹介する風俗総合情報サイトです。 河原町、木屋町から祇園の周辺までは出張や観光で京都に訪れる方に人気のホテルヘルスやファッションヘルスが多数営業されておりビジネスホテルも多いのでデリバリーヘルスもかなり充実しています。古くからの神社やお寺が観光スポットとしては人気があり観光地ではニシンそばや湯豆腐、京野菜を使った飲食店が人気があり土地独特の名産に舌鼓を打ちお腹の方が満足しましたら京都の夜の風俗を満喫してください。

なお、18歳未満の方はご入場できませんのでご了承ください。

掲載地域
河原町 祇園 木屋町 京都市内その他 亀岡 長岡京/八幡/宇治/城陽/京田辺 京丹後/宮津/岩滝町 舞鶴/綾部/福知山 京都府その他 京都府デリバリー
掲載業種
ソープランド M性感 エステ・アロマ 出会いカフェ SMクラブ ホテヘル イメクラ ピンサロ ストリップ 手コキ オナクラ ヘルス キャバクラ セクキャバ・ランパブ ラウンジ キャンパスパブ デリヘル

概要 清水寺 清水寺 国から政令指定都市の指定を受けており、東京特別区を含めて全国第7位の人口を有する(昼間人口では神戸市を抜き第6位となる)。都市雇用圏の基準では、京都市を中心点として京都府南部・滋賀県南西部に広がる京都都市圏(「京滋」とも言われる)が形成されている。また、1.5%都市圏の基準では、「京阪神大都市圏」の一角を担う。 平安時代に平安京が置かれた都市で、室町時代にも足利幕府が置かれた。鎌倉幕府や江戸幕府、安土桃山時代の政権も、ここを都として厳重に警備した。又、平安京成立後から明治天皇が東京に行幸するまでの約1080年、ほぼ全ての天皇が居住していた都市である(→首都に関する議論は「日本の首都」を参照すること)。 平安時代以降、平安京の都市生活者向けの商工業が発達し、特に国内流通が活発化した江戸時代には、全国に製品を出荷する工業都市となる一方、数々の技術者を各地の藩の要請に従って派遣した。その伝統は現在も伝統工芸として残るのみならず、京セラや島津製作所など先端技術を持つ企業を初め、任天堂やワコールなど業界トップクラスの本社が集まるなど、現代産業を支えている地域の一つである。 日本の主要な都市の中では奈良市や金沢市などとともに、第二次世界大戦の戦災被害を免れた数少ない都市でもある。このため、古い史跡や町並み、文化などが数多く存在することから、日本で有数の観光都市・国際観光文化都市であり、国内外から旅行客が多い。 [編集] 地理 鴨川 鴨川 京都府の南部に位置し、市内を賀茂川(途中で高野川と合流し、鴨川と名前を変える)、桂川、宇治川などが流れる。京都盆地(山城盆地)の中に位置しているので、内陸性気候を呈しており、夏と冬、昼と夜とで温度差が大きい。 中心市街地は東西・南北に通じる道路によって碁盤の目状に区切られており、市内の通りには名前がつけられている。但し、これは中心部に限られる上に、途中で途切れる・通りが合流する(多くの場合は新しい通り名になる)・カーブが存在するなど、画一的にそうなっているわけではない。また、ごく一部に東西あるいは南北の方向ではない、斜め方向の通りも存在する(たとえば河原町通の四条以南など)。 三条大橋(対岸が東京方面) 三条大橋(対岸が東京方面) 中心市街地の住所表示は、正式の町名と併記する形でこの通り名を用いて表す場合が多い。建物が面している通り名を先に言い、近くの交差する通りから、北に行くことを上る(あがる)、南に行くことを下る(さがる)、東に行くことを東入(ひがしいる)、西に行くことを西入(にしいる)と表現する。例えば、京都市役所の所在地である「京都市中京区寺町通御池上ル上本能寺前町488番地」の場合は、「上本能寺前町」が土地登記上の正式の町名(郵便番号もこれに割り当てられる)、「寺町通」は建物が面している通りの名であり、「寺町通御池上ル」は「寺町通と御池通の交差点から北に行った位置」を表す。なお、京都市内でも中心市街地以外の地域では通常どおり町名と番地で住所を表示している。 京都タワーと八坂の塔 京都タワーと八坂の塔 交差点は交差する2つの通りの名前で呼ばれることが多い。例えば、四条通と烏丸通の交差点は「四条烏丸」、河原町通と丸太町通の交差点は「河原町丸太町」である。どちらの通りを先に呼ぶのかということについて定説はないが、多くの交差点名が以下の法則に則っている。 引用: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』